当サイトは日本と韓国の国際問題を考えるサイトです
管理人自己紹介・サイト紹介/관리인 자기 소개 사이트 소개/ 翻訳・記事募集/번역가 · 기사 모집 / リンクサイト/링크 사이트
韓国人の皆さんへ 最初にこれを読んでください 한국인의 여러분에게 먼저 이것을 읽어주세요




(この記事は管理人の主観で書いています。正しくない可能性があります。ご了承の上、お読み下さい。)

お客様商売してる人は、同意すると思うんですが、大半の人は文章を理解しません。体感で半数位は。

もちろん文盲の人はほとんどいないから、文字は読んでます。ただ文章の意図を理解する人は少数です。

または必要な部分だけ読み、全体像や行間を読めない人は確実に増えてると思います。

これに関しては新聞を3行要約で読む韓国人の事を笑えず、日本人も相当読解力が落ちてると思います。



このサイトは、『日本と韓国は敵か味方か』というサイト名ですが、毎週『韓国は敵に決まってるだろ』という批判ツイートが来る。

要は記事は読まず、タイトルだけで批判してる。記事を読む読者もいますよ。

それでも中国の動画と書き、ハッシュタグで中国と付けてるのに、『韓国人はひどい』という人もいる。

『韓国を誘導しろ』という記事なのに、『断交だ断交だ』とツイートしてくる人もいる。

つまり文字としては読んでるが、意図は理解してないという事です。世の中の半数は平均以下なので、致し方ない部分もあると思います。



これはある意味使える特徴と思います。『文章を読むが理解が表面的で、真意に気が付かない』という特徴。

このサイトでは、自分自身の人生について5年間書いてきましたので、人となりは伝わってるはず。

ただこれが全て周到な嘘という可能性はゼロではない。もちろん本当の事を5年書いてるので矛盾も無く真実なんですが。

仮に私がある日、左翼に転向して『天皇制廃止・沖縄割譲・自民党解散・共産党独裁実現を』と書いたとしましょう。

『沖縄を中国に割譲し、九州対馬佐渡は韓国に割譲、北海道はロシアに割譲、自衛隊は解散し、米軍は撤退、人民解放軍と韓国軍の日本駐留を実現しよう』と書いたとしましょう。



こういう意見は、共産党や立憲民主党のような極左でも、ほとんど口に出さない意見ですね。

殆どの人は、そういう意見を見れば『極左の売国奴』という印象を持ち、右派の人は罵声を浴びせるはず。

政治に興味の無い中間層の人も『左翼はこんな事を考えてるのか、支持できないな』と考える。

『この人は支持されないとわかっているはずなのに、何故こんな極左の意見を言い続けているのか。真意は何か』と考える人はおそらく10%もいないでしょう。

『頭のおかしい極左がいる』とリツイートされ、まとめサイトに載り、大炎上し続ける。



では、この極左意見の持ち主が、本当に極左志向かどうやって証明しますか?匿名である限り無理です。

『犯罪を指示したり働きかける事を言わない限り』、司法は立ち入れない。

また『日本死ね』という日本に対するヘイトは野放しだが、中国韓国に対する批判はヘイトと呼ばれ、規制されかねないという。

それなら中国韓国北朝鮮を批判している右派は、今すぐ左翼、それも極左に転向すればいいんです。

そして共産党でも言わない極左の本音をデフォルメした極左発言をすればいい。法に触れない範囲で。日本は思想なら自由ですからね。



『中韓朝からの移民は無条件に受け入れ、生活保護を与えよう』と言えばいい。『中国に沖縄を、韓国に対馬と九州を割譲しよう』と言えばいい。

『天皇制を廃止し、自衛隊を解体すれば平和になる。共産党と立憲民主党に清き1票を!ろうそく革命をイルボン(日本)で実現しよう』と書き込めばいい。

文字は読むが、文章の真意まで読まない中間層はどう反応しますか?おそらく強烈な拒否感を持つでしょう。

現在、左派の識者が語れば語るほど逆効果として、『左翼や朝日新聞やTBSの逆をやればいい』と言われているのと同じです。

それを左翼ですら口に出さない極論を使い、中国・韓国を称賛し、日本と日本人を罵倒し、共産党と立憲民主党支持を訴える。



日本へのヘイトが規制されたとして、左派の日本に対するヘイトや、日の丸を焼く大陸の動画は規制されない。

このピンチをチャンスに変えて、逆手に取ればいい話です。実はこの構造は左翼が以前からよく使っています。

世間でいう『街宣右翼』です。黒塗りの車に乗り、怖い顔して、がなり立てる。実態は外国人も多い、右翼とはかけ離れた組織。

支持されるはずがなく、『右翼は怖い』という印象を長年中間層に刷り込んできた。

そして中間層に『右翼は怖い』という逆効果を植える事に成功してきた。これは有効だから金と人を彼らは掛け続けた。



日本の保守や右派は、純情すぎる。思った事を反芻する事無く、反射的に言葉にし過ぎます。

言葉を口にする目的はあくまで『多数派工作』のはず。しかし感情的に口にする事でヘイト規制を招く結果になった。

多数派工作には二つの手がある。自陣を増やす手と、敵陣を減す手。保守派は自陣を増やす事しか考えてない。

左翼は保守派を減らす方法を長年着々とやってきた。何故か。有効だからです。

文章の真意を読み取れず、ディフォルメされた構図しか理解できない中間層をそれで動かして来た。

有効と分かっているなら、敵と言えども参考にするべき。押してもダメなら引けばいいと言う話です。







トップに戻る/톱 페이지로 돌아온다


和夫一家殺害事件 카즈오 일가 살해 사건 / 右派と左派の矛盾 우파와 좌파의 모순 / 日本と韓国は敵か?味方か?tumblr